THE LOFT by Nuno Mendes

イカ墨リゾット
イカ墨リゾット

海洋生態学の勉強のためニューヨークに出向き、そこで料理の世界に目覚めたヌノ・メンデス。世界一のレストラン、ミシェラン三つ星のエルブリを始め、各地で修行を積んだあと、ロンドンで始めたレストラン「バッカス」が大成功。料理評論家の注目を集めました。今年になってから、ショーディッチの自宅でサパークラブをスタート。金曜と土曜日は一般客も12コースのディナーをワインつき£100で楽しめます。エルブリやファット・ダックのヘストン・ブルーメンタルで有名な分子料理法を取り入れ、新鮮な食材を最大限に生かすことに情熱を燃やすヌノ。好奇心旺盛で人懐っこい彼は日本で板前さんの修行を受けたこともあるらしく、料理にも和食の食材を取り入れています。鳥皮と大根おろなどの意外な食材のコンビネーションや、同じ食材なのに異なった料理方法で二つの食感を味わえる一品など、個性豊かな料理が次々とテーブルに運ばれてきます。65度で40時間スロークックしたビーフ、なども。ロンドン中の新聞や雑誌の料理評論家達が取り上げ、絶賛するのも無理はありません。2010年には東ロンドンにあるベソナル・グリーンのタウンホール(公民館)を改築した新しいホテル・レストランのオーナーシェフとしてさらに注目集めること間違いなしです。


美食会は普段彼が料理をしない火曜日に無理やり予約を入れてもらい、11名でプライベートディナーを楽しみました。7時半に到着、ラウンジでスパークリングワインを飲みながらソファーに座って料理本を読んだり、おしゃべりをしたり、オープンプランキッチンでシェフに話しかけたり、と寛いだ空間。深夜0時半に全てのディナーが終わるまでに13品目のお料理、2種類のデザート、白ワイン2種類、赤ワイン、デザートワイン、コーヒーを全て平らげ参加者全員大満足です。お料理の写真はこちら。